任意整理と個人再生の違い

債務整理、この選択を考えた時に自分は何をするべきかわかる人は少なく思い悩んでいる方もいるかとおもいます。
債務整理と一口に言っても,任意整理・個人再生・自己破産と実は3つの方法がありますので悩まれるのも当然です。

この中で自分に合った方法を探すのであれば、まず内容を知ることと自身の債務状況の程度を把握すると良いでしょう。

さてその上で、自己破産はTVなどで耳にする機会もあるかと思いますが、任意整理や個人再生などはあまり聞くことがないことでしょう。

しかしこの2つについては債務整理をするのであれば最も押さえておきたい方法となります、ぜひ知っておきましょう。

まず任意整理、個人再生とはどんなものか簡単にみていきましょう。

任意整理とは

裁判所を通さず司法書士が貸金業者と話し合いを行い、借金の支払いをさかのぼって利息制限法の上限金利に金利を引き下げ減額を交渉する。総額を圧縮して分割で返済するよう貸金業者と和解し債務整理すること。
利点としては

  • 裁判所を通さないため身内、知り合いに知られず穏便に債務整理を進められる。
  • 貸金業者からの取り立てが止まる
  • 過払い分を取り返せる場合もある
  • 債務整理の中でもっともハードルが低く利用されている

などが挙げられます。

個人再生とは

弁護士に依頼することで裁判所の力を借りて生活基盤を残したまま借金を5分の1程度に減らす、強制力のある債務整理になります。
利点としては

  • 借金の減額量も大きく、その上で在宅などの財産を手放す必要がない。
  • 貸金業者からの督促が止まる
  • 差し押さえが解除できる、また執行命令後でも解除が可能

などが挙げられます。

任意整理と個人再生の違い

では次にこの任意整理と個人再生は具体的にはどんな違いがあるのでしょうか?わかりやすくご説明していきましょう。

借金の減額量

  • 任意整理 金利を上限金利で再計算し元本のみ返済に変更するだけなので人による、また圧縮率は高くない。
  • 個人再生 裁判所の力をもって5分の1程度に圧縮するため任意整理と比べ減額量が大きい

債務者に対しての強制力

  • 任意整理 あくまで司法書士による交渉のため貸金業者への強制力はない
  • 個人再生 一般的に弁護士が代理人として裁判所を通しているため強制力を持つ

保証人への影響

  • 任意整理 保証人がついていない借金を選んで債務整理ができるため、迷惑をかけないようにできる。
  • 個人再生 債務整理後に催促が保証人に及ぶ恐れがあるため、迷惑を変えてしまう可能性あり。

官報へ記載の有無

  • 任意整理 記載はされない
  • 個人再生 住所と氏名が記載される

会社に認知されないか?

  • 任意整理 あくまで代理人交渉、それも裁判所を通しいないのでバレる可能性は低い
  • 個人再生 基本的にはバレることはないが必要書類を用意する際にばれてしまう恐れあり

などなど様々な違いを確認することができました。
また個人信用情報機関、俗にいうブラックリストには任意整理も個人整理もどちらも情報が5~10年程度残ってしまいます。

この点で生活に支障があるとすれば以下の点になります。

  • クレジットカードが作れない、利用できないため今までと比べ支払いの点において非常に不便を感じることが考えられます。
  • キャッシングやローンが新たに組めない、身近な例でいうと携帯の分割購入なども審査が通らず一括で購入しないといけなくなります。

如何でしたでしょうか、以上が任意整理と個人再生の大まかな違いでした。

債務整理は自身の更生のための選択です、適切な判断ができるよう現状把握と選択肢を知ってから考えていきましょう。