任意整理で知っておきたいポイント

近年クレジットカードで借金、消費者金融でも借金を重ねその返済に困っている方は本当に多くなっています。借りたときは返せるつもりでも返済の見通しが甘く返済が滞ったり、家庭事情や勤務先都合で転職や予期せぬ収入減に見舞われて、ローンの返済が苦しくなってしまう方も増えています。

そんな時、自分を守るために知っておきたい知識が債務整理になります。
主に債務整理には3つの段階があり、債務整理と聞くと弁護士や司法書士に依頼して、行うという思いがちですが、今回はその中でも最もデメリットの少ない任意整理についてお伝えしていきます。

任意整理とは?

裁判所を通さず司法書士が貸金業者と話し合いを行い、取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算して借金も減額を交渉する。結果原則金利を無くし、元本のみを3年程度の分割で返済するよう貸金業者と和解し債務整理すること。

メリットの多さ

金利を返済当初から上限金利(15~20%)で計算するため、現時点で20%以上の金利で返済しすぎていた分を元本に充てるので、返済金額を減額させることができます。
利息制限法の金利の上限が15~20%、これ以上超えた金利については法律上無効となるため支払いの必要がなく、この部分の再計算をするだけで借金を減らすことができるのです。

任意整理後の返済をする際は原則利息は0%、元本だけの返済になるので月々の返済が少なく済みます。

任意整理は裁判所を通さず司法書士が消費者金融やクレジット会社などの貸金業者と話し合いの交渉によって借金の減額が可能なため職場や家族に知られずに行うことができます。また現在、任意整理を司法書士に依頼すると貸金業者から返済を迫られている状況であっても、その通知が届いた時点から取り立てがストップします。

再計算後、金利により借金の元本以上に支払いをしていた場合取り戻すことができる。(過払い金請求)

デメリット
あくまで司法書士などからの交渉なので、強制力はない。貸金業者の経営状況によっては交渉がうまくいかない場合もある。

信用情報機関に情報が登録される。約5年程度は新しい借り入れが難くなることが考えられます。ただし、絶対にお借り入れができなくなるわけではありません。

任意整理を利用できる方に基準がある
具体的には

  • 減額後の借金を3年程度で返済できる支払い能力がある
  • 継続して収入を得る見込みがある

の2点が見られてくる内容です。
ただし、状況によっては5年程度の分割払いになることもあります、がこれもあくまで貸金業者との交渉次第になります。

まとめ

任意整理を行うことで返済額は見直され、現実的な金額に修正。
返済期間も3年と短くされ、家族や職場に知られることもなく、また仕事や家や車なども出ばなす必要はない。
債務整理の中でも最も利用されている手法です。
信用情報機関に登録され5年間のローンなどが難しくなる事は抑えておきたい。

如何でしたでしょうか、周りに聞けない事柄ですが、今後の生活を考えれば早く解決しておきたい大事なことです、検討してみましょう。