知らないと損する任意整理

借金が多くなってしまい、債務整理をしよう、と検討している方もいると思います。債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産、がありますが、この記事では、任意整理について解説をしていきます。

※なお、今回の記事は宇都宮で借金問題を重点的に取り扱っている弁護士事務所「加藤法律事務所」のHPに掲載している情報を参考にしています。

任意整理とは

任意整理とは、債務額全体を減らしたり、月々の返済額を減らせるように、貸金業者と交渉して、現在の支払いよりも負担を軽くする手続きです。
任意整理は、自己破産や個人再生などのように裁判所を通す手続きではありません。
貸金業者と交渉し、今後の返済計画を話し合いで決めていきます。

どうやって手続きを進めるのか

任意整理の和解交渉は、弁護士・司法書士が代理人となって行います。依頼者の方と毎月支払いに回せる金額について協議し、交渉をしていきます。

個人再生、自己破産との違い

次に、個人再生、自己破産との違いはなんなのかを解説します。

債務の減額量が違う

任意整理の債務が減額できるのは、「利息」をカットするからです。
“グレーゾーン金利”と”将来的な利息”、この2点をカットすることができるのです。
一方、個人再生は借金を大幅(1/5程度)に免除してもらいます。
自己破産は借金を全てゼロにする手続きになります。
つまり、減額量は
任意整理<個人再生<自己破産
になります。

任意整理のメリット

減額量だけ見ると、任意整理は他の2つに劣って見えてしまいますが、実は一番リスクの少ない手続きになります。

  1. 裁判所を通さず交渉するため手続きが難しくなく、必要な書類が少ない為、家族や周囲にバレずに進めることができます。
  2. 任意整理をする借入先が選べるので、例えば自動車ローンや住宅ローンを外せば財産を残せます。
  3. 保証人を立てた借金を任意整理の対象から外せば、保証人に督促がいって迷惑をかけてしまう心配もありません。
  4. 払い過ぎた金利があれば元金が減ったり、借入金以上の金額が戻ってくる場合があります。

個人再生、自己破産と違い、保証人に迷惑をかけたり、財産を取られてしまうこともなく、比較的穏便に手続きができるのがメリットになります。

任意整理の注意点

任意整理は法律で定められた制度ではなく、あくまで貸金業者と債務者が交渉をして、今後の返済計画を立てるというものです。
法的な強制力があるということではありません。
つまり、賃貸業者側にも断る権利があります。
貸金業者からの立場からすると、自己破産されるくらいなら元金だけでも回収しよう。ということなのです。
弁護士や司法書士が間に入ることで任意整理に失敗することはほとんどありません。
しかし、利息カット+分割払いというこちらの要求がそのまま通らないケースもありますので、注意が必要です。

任意整理ができない場合

債権者の返済能力を越えた債務がある場合は、任意整理自体ができないこともあります。
将来的な利息をカットして、元金だけの返済にしても、3~5年以内に返済できない場合は自己破産や個人再生を弁護士から勧められます。

まとめ

任意整理は今よりも月々の返済額を減らせれば、確実に返していける人にとって、周囲にも知られることなく、迷惑もかけず、財産も無くすことなくできる良い手続きです。
債務整理の中でも減額量が少ないから、と候補から外すことなく、検討してみる事をお勧めします